IndieGoGoで大ヒットのオナホ型ゲームコントローラVirtuaDolls、進化した姿を公開

IndieGoGo上に彗星のごとく登場し、数々のメディアからの注目を集め一時出資受付中止にまでいたった夢のVRオナホ型コントローラデバイスVirtualDolls。目標の50000ドルまであと2万ドル弱とかなりハイペースに支援が相次いでいます。

前回はアルミのバケツにシリコンをつめてハンドルをつけたような、不可思議な、それでいて「あ、なんとなくいままでのやつとは違いそう」と思わせる謎の説得力を持った見た目から、よりスマートな形へとシフトしたようです。

リンク:VirtuaDolls: An Adult VR Game Controller | Indiegogo

threesixty
レトロフューチャーなアルミバケツ感。なんかでかそう。

three60
こちらが進化したブラックスマートオナホ。これならわかる。

XBOXやPSなどのワイヤレスコントローラのマウンタも搭載しており、オナホ+ゲームコントローラというのがこのデバイスの本質のようです。

同時に開発中のGIRLS OF ARCADIAがデバイスに同梱。Oculusをはじめ、ViveやOSVRに対応予定とVRアダルトに積極的なメーカーのようです。


80s感あふれるプロモーションビデオ

ガレージラボでオナホが作られる時代となり、Oculus、vive、PSVRなど覇権争いの始まったHMD同様、ワイヤレスオナホもVRを舞台に戦いの火蓋が切って落とされました。

開始8日間で3万ドル以上のBuckを集めた新世代ワイヤレスオナホデバイスVirtualDolls。
完成が楽しみなデバイスです。

リンク:VirtuaDolls: An Adult VR Game Controller | Indiegogo

※本記事に掲載の画像・ロゴ・シーン写真は各メーカー様の著作物を引用しています。

加速するアダルトVRエクスペリエンス(後編) – DLsiteVR/アダルトVRの会に聞くアダルトVRのビジョン

ImagineVR、VRクリエイター向けに3Dモデル無料配布を目指す「Imagineガールズ」制作中

大橋イナギ

デザイン会社でプログラマーを務めるかたわら、アダルトVRに傾倒。主に海外でのVRコンテンツを中心に情報収集を行っている。 アダルトVRの会会員 / AdultFestaVR月額会員 / AVVR月額会員 / BadoinkVR月額会員 / VRCosplayX月額会員