メイドさんでもっと手軽にVtuberに!S-Court、バーチャルキャストに対応したカスタムメイドモデルのVtuber支援サービス「カスタムキャスト」を発表

カスタムメイド3Dシリーズのキャラエディットでお気に入りのアバターを作成!スマホで手軽にVtuber配信が可能な「カスタムキャスト」が発表されました。

カスタムキャスト

カスタムオーダーメイド3D2などを開発するKISSの製品のネット上での流通を行っているS-court社が、スマホで手軽にVtuberになれるサービス「カスタムキャスト」のリリースを発表しました。カスタムキャストは、カスタムメイドシリーズのキャラメイクシステムを使用してアバターをカスタマイズすることができ、さらにそのスマホのAR機能や表情認識機能を使用して動画を作成、簡単に動画配信が行えることが特長です。

スマホに特化したUIのキャラメイク画面。髪形などのパーツをクリックで選べます。

ポーズをつけながらの確認も可能。

目のタイプも様々な種類からカスタマイズできます。

配信機能では、ARやフェイストラッキングで表情を読み取ることでキャラクターの動きをコントロールすることができます。

さらに、カメラ映像を背景にすることで、現実の空間からAR配信を行うことも可能です。

自撮り風の配信画面。常時ガチ恋距離のやつですね。

プライベートなお部屋からも配信できる。これで二人きりのトークとか有料課金まったなしですね。

配信面ではニコニコ動画を運営するDwangoと提携、VRM形式として出力も可能でバーチャルキャストへの出演も可能とのこと。

配信は新しい niconico 生放送アプリ(株式会社ドワンゴ)を経由して配信を行います。
niconico の新しい仕組み「ギフト」への対応も予定しています。
又、作成したアバターは VRM 形式としてニコニ立体経由でバーチャルキャスト(株式会社バーチャルキャスト)
との連携(出力料金未定)や、VRM 形式の入力も予定しており、他アプリとの連携にも力を入れていきます。
(VRM ファイルの出力はバーチャルキャストへのみ予定しています
S-Court社プレスリリースより抜粋

VカツやVRoidなど、Vtuber化を支援するサービスがだんだんとそろってきました。カスタムメイドシリーズでは、カスタムオーダーメイド3D2のバーチャルアバタースタジオ機能が先行してVtuberの拡大に貢献しています。

手軽にカスタムできて、スマホで配信ができるようになるとPCを持っていない配信者でもVtuberになることができ、夢が広がりますね。

以上、S-court社が発表した「カスタムキャスト」の紹介でした。

リンク

カスタムキャスト

S-court:エスコート

※本記事に掲載の画像・ロゴ・シーン写真は各メーカー様の著作物を引用しています。

Vtuber支援サービスVカツが正式β開始2日で1万DL突破!人類総Vtuber化幕開けか!?8月8日に男性アバター、8月下旬にVRM出力・VirtualCast対応を発表

こちらもオススメ

大橋イナギ

デザイン会社でプログラマーを務めるかたわら、アダルトVRに傾倒。主に海外でのVRコンテンツを中心に情報収集を行っている。 アダルトVRの会会員 / AdultFestaVR月額会員 / AVVR月額会員 / BadoinkVR月額会員 / VRCosplayX月額会員