VRエロゲ制作に使用可能な3DモデルImagineGirlsが進化!次女「IRIS Ver.2」リリース

ImagineVRが提供する、エロゲを含むVRコンテンツの制作に活用できる3DモデルImagineGirlsの次女Irisちゃんの進化バージョンがリリースされました。

ImagineGirls – シンギュラリティ娘!

3Dゲーム開発を行う際に一番悩むのが3Dモデルの入手です。特にアダルトVRコンテンツを制作するの場合、利用可能な3Dモデルが非常に限られてしまうため、一番最初にぶち当たる大きな壁といえるかもしれません。
ImagineVRがクリエーター向けに無償提供している3DモデルImagineGirlsは、そんなアダルトVRクリエイターの悩みに答えた、商用アダルトコンテンツ制作でも無償で利用可能な全裸モデル込みの3Dモデルです。

今回、VRクリエーターのKafuji氏がオリジナルを元にバージョンアップした次女アイリスちゃんのバージョンアップ版がImagineVRでリリースされました。

オリジナル版との違い

ImagineVRのコンテンツ紹介ページでは、オリジナルとの違いが次のように説明されています。

 本モデルはBlenderを使用して制作され、Unity等の各種ゲームエンジンとの親和性が高まりました。
形状としては、顔立ちやプロポーションをよりアニメ寄りに調整した上で、新コスチュームをご用意。
本バージョンは有償版として、ヌードやスク水、ひもぱん、追加のジャケット2種、およびボーナスヘアスタイルを収録しています。

引用元:ImagineGirls アイリスちゃん バージョン2  – ImagineVR

モデルのBlender化によりゲームエンジンとの親和性がアップ。さらにアニメよりの調整など、よりゲーム向けな使い勝手が向上されています。
無償版では着衣、ImagineVRで購入可能な有償版ではヌードを含むエロゲ向けなコンテンツとなっています。

また、バージョンアップ版でもライセンスはオリジナルと同様商業作品を含む制作に自由に使用してよいとのことです。

アイリスちゃんPinUp

おまけで添付されているMMDモデルを使ってピンナップを作ってみました。モデルはImagineVRで購入可能な有償版を使用しています。

ちょっと強めの表情もかっこいいアイリスちゃん

おっぱいのふわふわ感や乳首のImagineGirls アイリスちゃん バージョン2 透明感のある色つやが素晴らしい

新たな髪形も収録

背中から腰にかけてのラインも素敵ですね

MMDでもこれまでのアイリスちゃんモデルと同様に操作できるため、アダルトなVRムービーの制作などもはかどりそうですね。

制作者のKafuji氏は現在三女R3N4ちゃんのバージョンアップに取り掛かっているとのこと。完成が楽しみですね。

以上、ImagineVRからリリースされたIrisちゃんVer.2のご紹介でした。

リンク

ImagineGirls – シンギュラリティ娘!

ImagineGirls アイリスちゃん バージョン2  – ImagineVR

 

※本記事に掲載の画像・ロゴ・シーン写真は各メーカー様の著作物を引用しています。

空気嫁連動型VR専用同人エロゲ「アンナちゃんとあそぼ!」がDLSite.comVR専売でリリース!

TVアニメOneRoomがVR化!隣人の女子高生との甘い一人暮らしが体験できるスマホVR、クラウドファンディングで開発決定

こちらもオススメ

大橋イナギ

デザイン会社でプログラマーを務めるかたわら、アダルトVRに傾倒。主に海外でのVRコンテンツを中心に情報収集を行っている。 アダルトVRの会会員 / AdultFestaVR月額会員 / AVVR月額会員 / BadoinkVR月額会員 / VRCosplayX月額会員