コーヒー1日1杯分のお値段で始めるGearVR購入ガイド

「使える」ネタが増え始めてきたアダルトVRコンテンツですが、「Riftは高いしDK2は売ってないし、GalaxyS6持ってないし」とお値段的になかなか手が出しづらいところ。
そんな方にオススメしたいのがGearVRセットをお買い得な方法で入手する方法です。
うまくいけばコンビニコーヒー1日1杯、1年分くらい(総額5万円程度)のお値段でGearVRセットが入手可能です。

image
筆者が実際に購入したGearVR+GalaxyS6edgeセット


※文中の価格およびポイント還元率は2016年1月25日現在のものです

■実際に買ってみた!GearVR最安購入

OculusRiftやViveなど本格的なVRはPCのスペックを求められる上、HMDのお値段もなかなかなもの。とはいえ、手持ちのスマホとビューワーでは視野角もせまいし頭に固定されないため少し残念なVR体験になりがち。そこでオススメしたいのがGearVRです。
視野角90度とOculusRiftの100度にはすこし足らないものの、GalaxyS6シリーズの高解像度と専用のトラッキングセンサーで、アダルトVR動画試聴ビューアーとしては十分なクオリティを発揮しています。

そこで今回は筆者がGearVRフルセットを新規購入する際に行った、なるべくお得にゲットする方法をお届けしたいと思います。

■まずはGearVRをお得にゲット

GearVR consumer editionの販売価格は14,900円程度。
先行して発売されたInnovator editionから1万円程度安くなり、軽量化されていることを考えるとこの時点で既に大変お買い得なのですが、さらにお得に購入する方法がYahoo!ショッピングのポイントバックを活用した購入方法です。

Gear VR Consumer Edition(アイオープラザYahoo店)

「アイオープラザYahoo店」ではGearVRが価格14,904円(税込・送料無料)と販売価格では他の店舗とあまり変わりませんが、注目すべきはそのポイントバック率の高さです。
通常でも10%のポイントがつくアイオープラザですが、現在キャンペーン中につき+5%、Yahooプレミアム会員であれば+5%、さらにスマホアプリから購入を行うことで+3%のポイントが追加され、実質20~23%引きで購入することが可能です。
Yahoo!ショッピングで追加されるポイントはTポイントになりますので、普段のお買い物でも利用できて大変便利。発送ステータスが「取り寄せ」になっていますが、筆者の場合約3日後に到着しました。
まずはGearVRをお得に入手してしまいましょう。
※ポイントは後日追加となります

■ねらい目は中古のGalaxy S6 Edge

残るはGalaxy S6/S6Edgeです。
最近はMNP一括などで実質0円端末にも指定されている場合も多くなってきた端末ですので、いま機種変を考えている方はこのタイミングで変更するのも得策です。
そうでない場合、MNPの手続きや残債、無駄なパケット代の事を考えると維持費のかからない端末を安く入手したいところ。
そこで活用したいのが中古端末です。
現在、中古スマホショップでは中古のS6白ロム端末が5万?6万円、S6Edge白ロム端末が約4万円程度で販売されています。GearVRでの使用においてはS6/S6Edgeの差はありませんので、ここはS6Edgeの選択でまったく問題ありません。

さらに格安を目指す場合に利用できるのがヤフオクです。

ヤフオク!【GalaxyS6Edge落札相場】

VRを目的とした使用であればWifi接続のみで問題なく動作するため、ネットワーク利用制限が「▲」や「×」の個体が比較的入札が上がりにくく狙い目です。発売から間もないS6Edgeは状態もよい個体が多く、うまくいけば状態のよい個体を3万円前後、しかも維持費無しで入手することが可能です。
※ジャンク扱い・ノークレームノーリターンの出品が多い為、入札の際は十分ご注意下さい。

■総額5万円でGearVR+GalaxyS6Edge

実質約12,000円で入手可能なGear VRと、実質3?4万円で入手可能なGalaxy S6 Edgeの組み合わせにより、総額5万円程度で最新のGearVR環境が入手可能です。
解像度はDK2よりも高く、専用センサーの搭載やダイヤル調整可能なレンズ焦点などスマホVRとは段違いなVR体験が可能なGearVR。現行機種で体感できる動画クオリティとしては最先端のVR体験が可能です。

またこれを機にアプリ開発に着手し、自分だけのVRコンテンツを開発するということであれば、もはや必要経費といっても過言ではありません。
他にも職場や学校に持参して見せびらかしてみたり、コンパに持参して見せびらかしてみたり、実家に持参して見せびらかしてみたりと、今ならアーリーアダプターごっこも可能なGearVR。

進化するアダルトVRの最前線を一緒に体験しましょう。

※本記事は個人の体験を元に執筆しています
※文中の価格およびポイント還元率は2016年1月25日現在のものです
※条件によっては端末に不具合がある場合もありますので、中古端末の入手については自己責任でお願いいたします。

※本記事に掲載の画像・ロゴ・シーン写真は各メーカー様の著作物を引用しています。

こちらもオススメ

大橋イナギ

ソフトウェアエンジニアリング業界で長年SEを務める傍ら、アダルトVRに傾倒。主に海外でのVRコンテンツを中心に情報収集を行っている。 同人音楽方面でも活動中。 アダルトVRの会会員 / AdultFestaTV月額会員 / AVVR月額会員 / BadoinkVR月額会員 / VRCosplayX月額会員