フェチフェスにアダルトVRの会が初登場!大盛況のフェチフェス09レポート

先日1月24日に開催されたフェチフェス09。日本を代表するカルチャーであるフェチズムをテーマとした展示即売会フェチフェスに、初のアダルトVRが出展されました。

1月29日に東京錦商会館で開催されたフェチフェス09。フェチフェスは「世界に誇るジャパニーズフェチという共通のテーマのもとにアーティスト・コスプレイヤー・女優・AV・とジャンルの境界線を越えたボーダレスな即売・パフォーマンスイベント」です。

今回のフェチフェスでは、動画配信サイトXCREAMとアダルトVRの会のブースをはじめとして、TMA、フェ血ス×VFRなどアダルトVR関連のブースが出展されていた様子を取材してまいりましたのでレポートします。

アダルトVRの会、フェチフェス初登場XCREAM presents アダルトVRの会

日本のアダルトVR開発者コミュニティの中心的存在であるアダルトVRの会がフェチフェスに初登場。XCREAM@VR体験ブースとして、アダルトVRコンテンツの展示を行いました。コンテンツはVRJCC「なないちゃんとあそぼ!」、PORNOS「友達のお姉ちゃん」、ONASIS「ONASIS」「GURUSUCO」「かりんとVR」、ジャパンたなか「霊夢の計略」が出展されており、どれも常時順番待ちになる程の注目を集めていました。

なないちゃんとあそぼは、フェチフェスでも大人気。今回は巨大なビーズクッションの上で包まれるようなスタイルで展示されていました。

ONASISは、動画の音声にあわせてオナホをシンクロ振動させるデバイス「ONASIS」やFUCKAPIに対応したモーションセンサー、高品質で組み立て簡単な紙製スコープ「GURUSUCO」、さらに先日発表され話題となったVRコンテンツとオナクラが合体した新たな風俗店「かりんとVR」のプロモーションを行っていました。

ONASIS代表の方の話にかりんとVRの取り組みやセンサーについてお話を伺ったところ、かりんとVRはスマホなどでのVR動画だけでなく、ViveなどのVRシステムを導入し、本格的な3DCGとの連動を楽しめるようになるとのこと。女の子は腕に取り付けるFUCKAPI対応のハンドセンサーと連動することで、女の子の手の動きをVRの中に送り込むことができるようになるようです。これは実際のプレイで体験すると想像以上のシンクロが得られそうですね。

ハンドセンサーはデザイン的にもかっこいいものになりそう。こちらのハンドデバイスも市販の予定があるそうなので新たなVR入力デバイスとしての使い道が楽しみですね。

ONASISとともにかりんとVRに協力しているジャパンたなかさんはスマホ版「霊夢の計略」の前戯テストバージョンを出店。Androidに対応したスマホVRアプリで、薄暗い部屋の中で横たわった女の子(霊夢ちゃん)にマウスのホイールをぐりぐりして接近し、首を振り回してクンニや乳なめをするという内容。スマホでも3DCGで空間を生かしたアダルトVRができるのは驚きでした。

フェ血ス×VRF

フェチフェス主催でもあるフェチ系AVブランド・フェ血スがVR撮影を行っているVRFと共同でVR動画作品やVR体験を展示していました。

 

会場では安達かすみちゃんが出演するVRフェチ作品を展示販売、こちらの作品を購入または500円でVR生体験ができるということで、動画を購入し体験してきました。

体験したのは浅田結梨ちゃんの回。順番待ちをしている隣では、結梨ちゃんが210度3D撮影リグの前でエッチな格好を披露しています。ドキドキですね。これがVRで見れるんですね。

自分の順番になりCV1とヘッドフォンを装着し、いざスタート。

結梨ちゃんが至近距離で左右からささやいてくれます「結梨って呼んで」とささやかれ、ほわわわとなりながら視線は積極的に谷間を見せてくれる結梨ちゃんのおっぱいに釘付け。思わず「いいですねぇ」「あ、いいですねぇ」「これはこれは、いいですねぇ」と語彙力を失いながらVRの良さを再確認したフレンズでした。

最新作品を展示TMA

みづなれいちゃんの引退VR作品が大人気のTMAは最新作品の展示と、ポケットVRでの作品販売を行っていました。

Adult Festa TVで女子高生4人組の一人としてVRアダルトビデオならではの感動でアダルトVRの可能性を知らしめた水嶋アリスちゃん(聖菜アリサちゃん)がTMA初登場。こちらの作品も配信が楽しみですね。

色んなフェチが大集合。女優さんのファンも100%楽しめる

女優さんによる自主制作写真集や同人誌も頒布されているフェチフェス。個人的には青井いちごちゃんがブースで売り子をされていて感動しました。他にも三代目葵マリーさんがニコ生で中継をされていたりと、普段なかなか会うことのできない方とイベントを楽しめるのもこのイベントのいいところですね。

大盛況で幕を閉じたフェチフェス09。次回開催の頃にはアダルトVRはどのように進化しているのでしょうか。

是非次回も遊びに行ってみたいと思います。

 

※本記事に掲載の画像・ロゴ・シーン写真は各メーカー様の著作物を引用しています。

こちらもオススメ

大橋イナギ

ソフトウェアエンジニアリング業界で長年SEを務める傍ら、アダルトVRに傾倒。主に海外でのVRコンテンツを中心に情報収集を行っている。
同人音楽方面でも活動中。
アダルトVRの会会員 / AdultFestaTV月額会員 / AVVR月額会員 / BadoinkVR月額会員 / VRCosplayX月額会員